ETCカードの使い方

ETCカードがあれば、高速道路を利用する時に、料金所でいちいち停止して料金を支払うという煩わしさがなくなります。

ETCカードを持った状態であれば、ETCレーンを通過しても、無線通信により情報をすべて管理できるのでその場で料金を支払わずに済みます。

仕組みとしてはクレジットカードで買い物をして、後から商品代金を支払うのと同じです。

ETCカードの情報を無線通信が読み取るので、瞬時にして情報を管理できます。

この場合車には車載器を搭載し、ETCカードを差し込んでおく必要があります。

車に乗っている間は車載器きカードを差し込んだままにしておいても問題ありませんし、差し込み忘れてしまうとカードを持っていても反応しないので注意しましょう。

ただし車を離れる場合は鍵をかけていても、盗難に合う可能性もあるのでカードは車載器から取り出し持ち歩くようにしましょう。

こういった少しの工夫はETCカードを快適に使うために必要な事ですし、盗難などのトラブルを未然に防ぐのにも役立ちます。

ETCカードというとよくわからない人もいると思いますが、高速道路で使う料金専用のカードと思っておくとわかりやすいと思います。

ETCカードを使う場合は、必ずETCレーンを通ります。

料金所に行けばETCゲートの案内がありますので、ETCレーンに進みます。

まだ使った事がないと難しい事のように思えますが、使ってみると意外と便利です。

ETCシステムが導入された当初は数も少なかったのですが、今ではETCを導入している料金所も増えています。