ETCカードのデメリット

ETCはとても便利なシステムですし、ETCカードを使う事で様々なメリットもありますが、大抵の場合はメリットもデメリットも共存しています。

デメリットとしては、ETCカードがあれば渋滞がなく料金所もスムーズに通過できるというのが最大のウリでしたが、最近はETCカードを使う人が増えている事もあって、逆にETCレーンに車が集中してしまうと、本来はありえない渋滞が起こります。

料金所で一旦停止して料金を支払うよりも通過するスピードは速いのですが、多くの料金所では圧倒的に一般レーンの数の方が多いため、ETCレーンは限られてしまいます。

普段はほとんど渋滞はありませんが、人が集中する時期はETCレーンの渋滞もあるので時間帯をずらすなど工夫が必要です。

ETCカードは高速道路で使う物ですから、高速道路をほとんど利用しない人がETCカードを持っていてもあまり意味がありません。

ETCカードはクレジットカード会社が発行するので、一般レーンを利用しETCカードで高速道路の利用料金を支払う事も可能です。

ETCカードを利用する場合は、車載器も設置しなければいけませんので、車載器の価格によっては、高速道路の利用回数が少ないと、なかなか元が取れずかえって損をする場合もあります。

しかし車の利用や高速道路の利用頻度が低い人は、ETCカードの必要性を感じないので造らない人も多いかもしれません。

無理して導入する必要はありませんが、利用の度にポイントが貯まるサービスもあるので、利用頻度の高い人はデメリットも少ないと言っていいでしょう。

おススメサイト:ETC車載器の購入・取付| AUTOBACS.COM